黒まる王子が解説

黒酢と血糖値抑制-糖尿病予防-

「糖尿病にならないように血糖値に気を付けましょう」と言われますが、 私たちは自分の血糖値をどうやって知ることができるのでしょうか?

健康診断で自分の血糖値を知るのが主なきっかけでしょうが、病気での血液検査や妊娠時の検査、献血などでも血糖値を知ることができます。

血糖値が怖い理由は上記でも書いたように糖尿病につながるからですが、糖尿病の判断はどのようにされるのでしょうか。

【目次】

糖尿病の判断

空腹時血糖値:126㎎/dl以上
ブドウ糖負荷試験2時間後の血糖値:200㎎/dl以上
随時血糖値:200㎎/dl以上
HbA1c(NGSP)6.5%以上
のどれかに当てはまったら「糖尿病型」と診断

1回の血液検査だけでは判断されず、1次検査で「糖尿病型」とされた人が2時検査で再度「糖尿病型」と確認されれば、「糖尿病」と診断されます。

【糖尿病の診断】

「正常型」と「糖尿病型」の間にある「境界型」は「糖尿病予備軍」とされています。

空腹時血糖値:10時間以上なにも食べずに測った血糖値
ブドウ糖負荷試験:75gのブドウ糖を水に溶かしたものを飲み2時間後までに何回か測定する
随時血糖値:食事時間など制限なく測定した血糖値
HbA1c(ヘモグロビンA1c):赤血球に含まれるたんぱく質の1種。ヘモグロビンにブドウ糖が結合したもので120日間はその結合状態にあるので1~2か月前の血糖を反映する指標となる。

糖尿病にも種類がある?

糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。

1型糖尿病:自己免疫疾患などにより膵臓がインスリンをつくれなくなりインスリンが分泌されないために発症します。 このタイプの糖尿病の人は少ないといわれています。

2型糖尿病:遺伝的な体質に対して過食、飲酒、喫煙などの生活習慣の要因が加わりインスリンの分泌や働きが悪くなって発症します。ほとんどの糖尿病の人がこのタイプ。

糖尿病は一生治らない?

治ると言う言葉があてはまらない病気といわれています。

治療で血糖値を下げられても血糖値が高くなりやすい体質自体を改善することはできません。

ただ血糖値をコントロールして正常値に近くしておけば一生健康な人と同じ状態で過ごすことができる病気でもあります。

血糖値を上げる食べ物

血糖値を上げやすい食べ物としてごはん、パン、麺類、砂糖といった炭水化物があげられ、次にたんぱく質の多い肉類や卵、乳製品、油の多い食品がそのあとに続きます。

ただ同じ炭水化物でも血糖値の上昇の仕方に違いがあります。
精白米ではGI値が高く、玄米はGI値が低いです。

GI値とは:食後血糖値の上昇度を示す値

「血糖値スパイク」とは

「血糖値スパイク」をご存知でしょうか?
この「血糖値スパイク」は食後1~2時間のうちに血糖値が急上昇する現象です。
通常の健康診断で測定する血糖値は空腹時に調べます。
そのため普段の健康診断は問題なくても、実は食後に血糖値スパイクを起こしている人が多くいるとのことです。

怖い「血糖値スパイク」

血糖値スパイクは動脈硬化につながります。

その仕組みは
血糖値の急上昇の繰り返し→血管の細胞から大量の活性酸素が発生(活性酸素は細胞を傷つける有害物質)→血管の壁が傷つく→免疫細胞が修復のため血管壁に入り込んで壁が厚くなる→血管が狭くなる→動脈硬化

血糖値スパイクは上記でも述べたように通常の健康診断ではわからないので、血糖値スパイクが繰り返し起きていると、知らないうちに動脈硬化が進行し、突然心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすという危険があります。

また体質や生活習慣の乱れから細胞が糖を吸収する能力が低下していると、血糖値の急上昇を正常に戻そうとすい臓から大量のインスリンが分泌されます。

このインスリンが多い状態が体に悪影響を及ぼすことが研究でわかりました。
・アルツハイマー型認知症の原因と言われるアミロイドベータという物質が蓄積され、認知症のリスクを高める。
・インスリンには細胞を増殖させる働きがあるので、がん細胞の増殖を促す危険性がある。

血糖値スパイクに罹りやすい人とは

・加齢、女性は更年期、
・家族に糖尿病の人がいる
・メタボリックシンドローム
・血圧が高め
・たばこを吸う(1日10本以上)
・運動不足
・大食い、早食い、炭水化物、甘い物が好き
・食事が不規則
・過度の飲酒
・ストレス
・睡眠不足

該当する項目が多ければ血糖値スパイクを引き起こしている可能性は高くなります。

血糖値スパイクを防ぐには

●食べる順番に気をつける。
「野菜・きのこ・海藻」→「肉・魚」→「ごはん・パン・麺類」
野菜などの食物繊維が腸の壁を覆い、糖の吸収をゆっくりにする
タンパク質や脂質が胃から腸へ運ばれる際、インクレチンというホルモンが放出されて胃腸の働きが遅くなる。
こららの後に糖質を摂れば、消化吸収に時間がかかるので血糖値の上昇は緩やかになる。

食事どきのお酢の効果的な摂取!
酢の物などは最初に食べると食後の血糖値の急上昇を抑制してくれるそう。

●3食規則正しく食べる。
何も食べずにいた後の食事では、血糖値スパイクが起きやすくなる。

●食後に運動
食後すぐにちょっとした散歩をした程度でも速やかに血糖値が下がる。
その仕組みは
食後15分間程度は、消化吸収をよくするため全身の血液が胃腸に集められる →胃腸の働きが活発になる→糖分が腸に吸収され血糖値が急激に上がりやすくなる。
それがこの間に体を動かすことで、
運動によって手や足の筋肉などに血液を奪われる→胃腸の活動が低下→糖分の吸収に時間がかかる→血糖値の急上昇抑制

となる。

食酢(黒酢)の血糖値への作用

食酢の血糖値に対する作用を調べた研究では、お米と一緒に15mlの食酢をドリンクとして摂取した場合と酢の物として摂取した場合それぞれをプラセボと比較したところ、食酢はドリンクとして飲んでも、酢の物として食べてもどちらも血糖値上昇を抑えることが明らかになったと紹介しています。 また、糖尿病モデルマウスを使った空腹時血糖に対する食酢の効果を検討する実験についても空腹時血糖値が低下したことを紹介しています。
『食酢の機能性』田中越郎

炭水化物と一緒に食酢を組み合わせた場合と炭水化物単独の場合との食後血糖値の上昇をみたところ食酢を組み合わせたほうが食後血糖値の上昇は抑制されたとの結果が紹介されています。
『食酢の食後血糖上昇抑制効果』遠藤美智子 松岡孝

すでに報告されている黒酢もろみ末の高血糖抑制効果のメカニズムを調べた研究によると、黒酢もろみ末による血糖値抑制のメカニズムとしてインスリン抵抗性改善が考えられるとの報告がされています。
『黒酢もろみ末のⅡ型糖尿病モデルマウスKK-Ayに対する血糖値抑制効果』
長野正信、上野知子、藤井暁、候徳興、藤井信

糖尿病にならないために・・・

食事にGI値の低い食品や食酢(黒酢)を取り入れたり、普段から歩くことを意識して体を動かすよう努めたり、喫煙や飲酒を控える日を設けたりと日常の食生活と生活習慣に気を配ることで血糖値をコントロールし糖尿病を予防できるようにしましょう。

魅力的な成分がプラスされたおすすめ黒酢サプリメント