クエン酸-その多方面にわたる働き

クエン酸はアミノ酸とともに黒酢に含まれる有効成分として人気があります。

クエン酸は健康成分として健康食品に使われる一面から、料理の酸味付け、水垢落としといった掃除にいたる多方面に活躍している成分です。

【目次】

クエン酸とは?

クエン酸とは柑橘類に含まれる有機化合物でヒドロキシ酸のひとつです。
性質としては、無色又は白色の結晶で水によく溶け、 レモン汁から発見され、酢酸と同じく酸味成分ですが、酢酸のように揮発性がないのでツンとした刺激臭はありません。
酢酸が酢の酸味であるなら、クエン酸は梅干しや柑橘類の穏やかで爽快な酸味です。
クエン酸の語源はレモンの一種であるシトロンの漢名の枸櫞(クエン)に由来します。

クエン酸を摂取して期待できる効果は、疲労回復、尿酸値減少、ビタミンB6の吸収を高める、尿路結石の形成予防、血流改善、その酸味による食欲増進、カルシウムやカリウムなどのミネラルに結合しやすいキレート作用等多岐にわたります。

またその活躍は健康面だけにとどまらず、生活の中でも役立っています。
加熱で変化しにくいので、料理やお菓子の酸味づけや隠し味などにも使われます。
どれもクエン酸の酸性という性質と特徴を活かしたものです。

生活の場でのクエン酸の活躍

掃除の場面では、水垢汚れ落としで活躍します。
風呂やシンクなどの水垢汚れは水に含まれるカルシウムやマグネシウム分が水分が蒸発して残ったものです。
このカルシウムやマグネシウムの金属系の物質は酸性溶液で溶けるので、クエン酸を水で薄めたものを吹きかけしばらくしてから濡れた布で拭いたあと乾拭きして落とします。

また、クエン酸の特徴として消臭効果が有名ですが、これはクエン酸自体に消臭効果があるのではなく、アルカリ性の匂いに酸性であるクエン酸の水溶液をかけて中和することで匂いを抑えるのです。
そのため酸性の匂いに対してクエン酸は効かないことになります。アルカリ性の匂いとしてトイレのアンモニア臭やたばこの臭い、魚の生臭い匂いなどが挙げられます。酸性の匂いだと靴の匂いや冷蔵庫の匂いなどです。

あと抗菌効果がありますが、これもクエン酸自体に殺菌作用があるわけではなく、酸性であることから菌の増殖を抑えるということなのです。

クエン酸回路(TCAサイクル)

クエン酸のことを調べると、クエン酸回路(TCAサイクル)という言葉を目にするかと思います。ハンス・アドルフ・クレブス博士によって発見されたためクレブス回路とも呼ばれますが、このクエン酸回路は酸素呼吸をする生物全体にみられる生命活動になくてはならない仕組みなのです。

私たちが食物から摂取した糖質・脂質・タンパク質が体内でアセチル-CoAまたはクエン酸回路の中間体になり、それがクエン酸回路に入り、最初にクエン酸が合成されます。クエン酸は回路をまわりながら次々と様々な物質に変換され、その過程でATP(アデノシン三リン酸)が作りだされます。

このATPが分解されエネルギーができることによって私たちは呼吸をしたり、運動をしたりなどの生きるための活動ができているのです。
クエン酸回路とは生命活動に必要なエネルギーを生み出している仕組みなのです。

黒酢の主成分である酢酸も体内にはいるとクエン酸になって同じ働きをします。