黒酢洗顔のやり方&黒酢化粧水の作り方

黒酢は飲むだけでなく、身体の外側からのケアにも使える!?
黒酢の活用法として黒酢洗顔、パック、リンス、そして作り置きできる黒酢化粧水の作り方と仕方をご紹介します。

【目次】

黒酢の何が肌にいいの?

【酢酸】
殺菌作用-肌や毛穴に詰まった雑菌を除去。毛穴を清潔に保つことで皮脂の分泌機能が正常化する。
ニキビ、吹き出物、毛穴の皮脂の汚れや雑菌が原因の黒ずみ改善。
【アミノ酸】
新しい細胞の主成分となる。アミノ酸の中のシステインやメチオニンが肌の新陳代謝を助ける。

●その他のお酢でも大丈夫?
一般のお酢でも主成分が酢酸なので、肌への殺菌作用が期待できますが、酢酸は殺菌する一方でタンパク質を固める性質があります。私たちの肌は傷つくとタンパク質をつくりだして傷を修復しますが、酢酸はその作用を阻害します。しかし黒酢に含まれるアミノ酸はタンパク質の合成を促してくれるので酢酸の欠点を補ってくれます。

黒酢洗顔の作り方&仕方

【用意するもの】
黒酢:25ml
水又はぬるま湯:500ml
洗面器

【黒酢洗顔の仕方】
水又はぬるま湯の入った洗面器に黒酢をいれかき混ぜて黒酢洗顔水をつくる
石けんなどの洗顔後、顔を洗い流したら、黒酢洗顔水で顔をすすぐ。
5~10分程度経ってから水で洗い流し、化粧水や乳液で肌を整える。

黒酢洗顔水の色々な使い方

●黒酢タオルパック
【用意するもの】
黒酢:25ml
熱めのお湯(40度前後):500ml
洗面器
タオル

【黒酢タオルパックの仕方】
作り方は黒酢洗顔水と同じ。
タオルを黒酢洗顔水に浸して絞り、5~10分顔にのせます。
においが気になる方はぬるま湯で洗い流します。

●黒酢リンス
【用意するもの】
黒酢:25ml
お湯:500ml
洗面器

【黒酢リンスの仕方】
作り方は黒酢洗顔水と同じ。
シャンプーのあとに髪に黒酢洗顔水をなじませる。
においが気になる人は5分後にすすぐ。

黒酢化粧水の作り方&使い方

【用意するもの】※約1ヶ月分
黒酢:20ml
精製水(水道水、ミネラルウォーターでもOK):400ml
化粧水を入れる容器(スプレー容器など)

【黒酢化粧水の作り方&使い方】
熱湯消毒後の容器に精製水を入れる。
黒酢を加えて軽くふる。

普段どおりの洗顔をしたあと、コットンに黒酢化粧水を含ませて顔全体をやさしくふく。
普段のスキンケア(化粧水、乳液)をする。
※スプレー容器に入れておくと肌が乾燥したときにメイクの上からかけることもできます。

●いつまで保存できる?
直射日光の当たらない場所で常温で1ヶ月保存が可能。
1ヶ月使い切るのが難しいようであれば、つくる分量を調節してみても。

黒酢洗顔の注意点

●品名が「米黒酢」、「大麦黒酢」のものを使う。
黒酢飲料や、甘み成分がはいったものは×
  
●パッチテストをする。
黒酢を水で10倍程度に薄めたものを腕の内側のやわらかい部分にぬり、絆創膏をはって1日様子をみる。赤くなったり、かゆみがでなければ大丈夫。

参考資料:「絶対素肌美人!簡単手作り黒酢洗顔」株式会社主婦の友社

魅力的な成分がプラスされたおすすめ黒酢サプリメント