黒酢のpH(ピーエイチ/ペーハー)と酸蝕歯

虫歯や歯周病とは違う歯の病気、「酸蝕歯」をご存知ですか?
酸蝕歯は酸性の飲食物を摂取することで起こります。

黒酢の飲用もその原因のひとつになりかねません。
酸蝕歯にならないために黒酢を摂取する際、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

【目次】

虫歯とは違う酸蝕歯とは?

酸蝕症:虫歯菌によらず酸による化学的な歯のエナメル質の溶解。
その溶けた歯を「酸蝕歯」と呼ぶ。

酸蝕歯と虫歯の原因の違い

【酸蝕歯の原因】
内因性:胃酸の逆流(逆流性食道炎、拒食症による嘔吐等)
外因性:酸性の飲食物、薬、職業(メッキ工場、ガラス工場の酸性ガスの吸入)

【虫歯の原因】
歯の表面のプラーク(歯垢)の中にいる虫歯菌が飲食物の糖分を分解して酸を作ることで歯のエナメル質を溶かす。

酸蝕歯の症状

初期の段階では痛みも刺激もないのでわかりにくく、症状がでるまで自覚しにくい。

・熱い飲み物や冷たい飲み物がしみる
・歯の表面がなんとなく丸みをおびて見える。
・歯が薄くなり、そのためエナメル質の下にある象牙質の色が透けて黄色っぽく見える。
・歯の先端が透けて見える。
・歯のかみ合わせ部分に小さいくぼみが現れる。
・昔の詰め物がいきなりとれる。
・歯がもろくなってかける。

酸蝕歯は進行性ですので、症状に気づいたら歯医者さんで治療を行ってもらいましょう。

酸蝕歯を引き起こす
酸性ってどういうものなのか?
黒酢や黒酢飲料はどれくらい酸性なのか?

水溶液の酸性、アルカリ性はどうやってきまる?

水溶液の水素イオンの濃度(水溶液にどれだけ水素イオンが含まれるのか)で決まる。
水素イオンが多いと酸性。

水溶液の性質を表す単位が「pH」
pHの値は0~14まで。
中性:pH7
これより低いと酸性。これより高いとアルカリ性。

黒酢と黒酢飲料のpHはどれくらい?ーpHと歯の関係

黒酢:2.7
黒酢飲料:3.1

pH5.5で歯のエナメル質が溶け始める。

その他の飲料のpH

炭酸飲料:2.2-3.4
スポーツドリンク:3.5
乳酸飲料:3.4
みかんジュース:4.0
トマトジュース:5.0
ビール:4.3
牛乳:6.8
水(ペットボトル):7.0
※代表的な特定商品の測定結果であり、同種の飲料全てに共通するものではありません。

黒酢や黒酢飲料を飲む場合の注意点

摂取量と摂取方法が大事。
・ちびちび、だらだら飲まない。
・過剰摂取しない。
・摂取後は口をゆすぐ。
・摂取後、無糖のガムをかんで唾液で中和する。
・就寝前の摂取を控える。
※就寝中は唾液の量が少なくなるので。
・酸性飲食物の摂取後すぐの歯磨きを控える。
※歯のエナメル質が軟化している可能性があるので。

参考資料:北迫勇一「酸蝕症の病態と臨床対応」 

魅力的な成分がプラスされたおすすめ黒酢サプリメント