• TOP >
  • サントリー「黒酢にんにく」の詳細・口コミ・レビュー

サントリー「黒酢にんにく」

  • メーカー

    サントリー

  • 評価

  • 黒酢の種類

    老舗ブランド「坂元醸造」黒酢

  • プラス成分

    福地ホワイト六片にんにく

  • 内容量

    約30日分(60粒)
    ※1日2粒を目安

  • 2粒あたり
    栄養成分量

    熱量4.91Kcal、たんぱく質0.25g、
    脂質0.36g、炭水化物0.17g、
    ナトリウム0~3mg

  • 通常価格

    1,600円+税

  • 定期コース

    1,440+税
    (10%OFF)
    ※継続の制限なし♪

  • 送料

    すべて無料

老舗ブランド「坂元醸造」の黒酢を使用!

200年の伝統がある黒酢の老舗ブランドである「坂元醸造」では、熟練の職人さんが1年もの期間をかけて黒酢を作っています。サントリーの「黒酢にんにく」には、黒酢の成分プラス壺底にわずかに溜まる稀少な黒酢もろみの成分まで配合されています。

青森県のブランドにんにく「福地ホワイト六片」を使用!

土づくりから3~5年かけて丁寧に作られています。その特徴は、通常のにんにくよりも粒が大きく甘さがあり肉質がしまっていることです。にんにくは栄養豊富で、アリシンビタミンB1タンパク質などが含まれています。

手軽に続けられる価格設定が嬉しい!
サントリー黒酢にんにくは1日あたり約50円(+税)!!

伝統の黒酢とブランドにんにくを使用している贅沢なサプリメントなのに、その価格は1日2粒でたったの約50円(+税)!※1 90万人以上が愛用※2、一度に2つの食材のちからをまとめて摂ることができます。

※1 お徳用サイズ180粒入り・約90日分)1回のみお届けの場合(税抜・送料別)
※2 2014年10月末時点

愛飲者がアドバイスする飲み続けるための3つの秘訣

健康食品は薬ではないので、すぐに私たちの体に作用を及ぼすわけではありません。
健康に良いと言われている食べ物と同じで、継続しないと意味がありません。

サントリーウエルネスの健康食品を長く愛飲している方から
サントリーウエルネスがアンケートを行ったところ「3つの飲み続ける秘訣」がわかりました。

1.起きてすぐ/朝食の後
【理由】
一日の始まりを健やかな気持ちでスタートできる。
飲み忘れがあっても、飲むチャンスが1日中ある。

2.1日の目安量を1回で飲んでしまう。
【理由】
数回にわけて飲むようにするとうっかり飲み忘れてしまう。

3.常に目に付くところに置いておく(例:食卓の上)
【理由】
飲み忘れ防止のため。

商品使用ユーザーレビュー
[体験記]実際に飲んで試してみました!
おばあちゃんになりました♪ さん 栃木県 55歳 主婦
きっかけ

娘が出産をしたので、手伝いに行ったときのことです。生まれたばかりの孫の世話をしていたのですが、腰にきたり少し動いただけで疲れてしまったりと、何だか歳を感じてしまいました。まだ55を過ぎたばかりだというのに何かショックで…。
同じ歳の夫はまだまだ元気なので、負けてはいられないと思いました。それに孫と公園を散歩したりもしたいじゃないですか。元気でいないといけないと感じたことがきっかけです。

でもテレビCMやチラシでは色々と健康効果を謳った健康食品が色々あってどれがいいのか迷っていました。こういうサプリメントのようなものは使ったことがないので、できたら昔からの伝統食品を素材にした健康食品はないかと思い、娘に商品選びを手伝って欲しいと相談することに。

注文♪

娘に話したところ、「ネットでいいものを見つけた!」と言って、サントリーの黒酢にんにくを教えてくれたんです。娘曰く、「黒酢は 黒酢の老舗坂元醸造のもの、にんにくは福地ホワイト六片というブランドにんにく。どちらも昔から元気食材、スタミナ食材として知られているものだから、お母さんの探していたものにピッタリじゃない!!」と。私は酢が苦手だったのですが、ソフトカプセルなので「飲みやすい」ということでとりあえず試してみようと思い、注文することにしました。 送料も無料でしたし、増量分も入っているということで早速注文し、自宅に届けてもらうようにしてもらいました。

中を開けてみると…

思ったよりも早く到着しました。

封筒に入っていて、中身も読みやすい資料が数点と、楽しみにしていた本体、そして増量分が個別に入っていました。しかも、プチプチにくるまれていました。大事にされていると感じましたね。

それぞれの袋を見てみると、書いてある内容は同じなのですが、増量分を個別に包装してあるということがなんだか嬉しかったです。

飲んでみると…

中を開けてみると、ほのかににんにくとお酢の香りです。粒も小さめなので、カプセルの薬が苦手な私でも飲めると思いました。1日に2粒が目安と記載がありましたので、その分量を飲むことにし、朝ご飯を食べた後に飲むようにしようと決めました。
私は忘れっぽい性格なので、食卓テーブルの上に置いて、すぐにわかるようにしたんです。そして、飲み忘れないように飲んだらカレンダーに○をつけることにしました。

実際に飲んでみての感想

実際に手に取ってみると、きれいで黒真珠みたいでした。2粒は水と一緒にすぐに飲み込めます。喉に詰まったりするような感じもありませんでした。

飲んで1週間後

効果があったかどうかはよくわかりません。資料にあった方達のインタビューを読みましたが、私はあまり感じないようです。でも、飲み続けることが大事とありましたので、根気よく飲んでみたいと思います。

おわりに

もう少しで飲み終わるのですが、変化が起きたことは確かです。
朝、すっきりと起きられるんです。それに孫の面倒を見ていてもそんなに疲れを感じないような気がします。以前なら1~2時間で休憩を入れていましたが、食事の時だけで十分なくらいですので、良い実感が出てきたんだと思っています。

効果には個人差があると書かれていましたが、以前との違いを少しずつ感じ始めています。でも、ここでやめてしまうのはもったいないので、定期コースでお願いすることにしました。何でも継続することが大切ですからね。

サントリー「黒酢にんにく」のクチコミ

サントリー黒酢にんにくだとこだわりの黒酢とにんにくが一度に!! mika さん 45歳 主婦

普段から健康志向で、福山の黒酢や福地ホワイト六片などの健康食材には注目していましたが、どちらもそれそのものを買うとお高い!!(泣)でもこのサントリーの黒酢にんにくは1日約60円程度でその2つの成分を取ることができるとのこと。迷わず即買い。サプリだとどうやって飲もうかとかどうやって食べようかとか悩まずに成分が摂れるのも魅力ですね。

うれしい価格設定 うさぴょん さん 49歳 パート

年齢を重ねてくると気持ちは昔のままでも体の方は・・・。ってことを思いしらされる今日この頃。自分の健康も大事だけど、今は家庭でお金が掛かる年代なので手頃な価格で自分の健康をケア出来る商品はないかと探してこちらの商品に出会いました。黒酢もにんにくもどちらも昔からの元気食材だし安心して飲めると思いました。定期だとさらに安いらしく定期にするか迷い中です。

サントリー黒酢にんにくはにおいを気にせず飲めるのがいい お父さん さん 51歳 会社員

健康に気を遣う年齢になって、活力をつけるために好んでスタミナ食材のにんにくを食べていましたが、家にいる娘達に、「パパ、にんにく臭い!!」と抗議を受けてしまいました。娘から「健康のためににんにく食べるならサプリでもいいじゃん」と言われ、サントリーの黒酢にんにくに出会いました。たしかにこれだとソフトカプセルなのでにんにくのニオイを気にせず、活力が得られます!!でも元来にんにく好きなので、私としては逆にニオイがないのが寂しいです。

自分へのご褒美として スン さん 32歳 OL

毎日がんばっている自分へのご褒美として、なにか体にいいものをと探していました。アミノ酸サプリとかもいいけれど、なじみのあるものを素材にしたサプリメントは無いかと探していたところ、サントリーの黒酢にんにくを見つけました。黒酢もにんにくも安心して口に出来て、その良さも昔から折り紙付きなのでその2つの成分が入っているこの商品に決めました。使われている素材も単なる「黒酢」、「にんにく」じゃなく、「福山の坂元醸造の黒酢」「福地ホワイト六片」とブランドものが使われているのも選んだ理由のひとつです。

こんどは継続するぞ さくら さん 36歳 主婦

これまでサプリメントは買ったはいいけど、買ったことに満足して、気まぐれに飲んだり飲まなかったりと1袋飲み続けることがなかなかできませんでした。新しい物がでるとそちらへ目移りして、結局結果がでないということに。でも飲み続ける3つの秘訣を守って、今度はがんばって1袋飲み続けます。それで自分に合っていたら目移りせずにサントリー黒酢にんにくを続けていこうと思っています。

意外にいいかも ひとし さん 38歳 会社員

サプリメントなんて自分から買って飲もうなんて気はいままでなかったんですが、妻がサントリーの黒酢にんにくを買っていて試しに飲んでみたら結構良いかもと今では妻よりも自分のほうがサプリメントにはまっています。手軽にいいものを摂れるのに越したことはありませんからね。

大手メーカーだから安心 みゆ さん 35歳 主婦

黒酢にんにくサプリメントは色んなメーカーがだしていて、値段も1,300円~2,000円以上のものまであって、安くても大丈夫なのか、高ければ高いほどいいのか選ぶのに悩んでいつも買いそびれていました。毎日飲むものなので、安心して飲めるものをと思い、値段も中間のサントリーさんの黒酢にんにくにしました。他のメーカーの黒酢にんにくサプリメントも魅力的なものがありますが、最終的にはネームバリューで決めました。

サントリー黒酢にんにくは定期でもやめたいときにやめられる さとみ さん 26歳 会社員

パッケージや公式ページが結構落ち着いた感じなので、年齢高めの人用のサプリメントかなと思ったんですが、原料は厳選されているのに値段が手頃、そしてサントリーが作っているので買いました。他のメーカーの黒酢にんにくサプリを試したくなっても、サントリーの黒酢にんにくは定期縛りがないのも魅力でした。

サントリーウエルネスの取り組み

サントリーの健康食品

世の健康志向を受けて、サントリーは食に関する長年の科学的研究や品質管理技術を礎として健康・ライフサイエンス分野の事業に参入し、健康関連の研究開発を一層強化するために「健康科学研究所」を設立しました。
サントリーがお届けする健康食品はサントリー健康科学研究所から生まれています。

サントリーが掲げる3つの柱

●素材探求:担当者自ら健康に役立つ素材探し

●機能評価:素材の力を科学的に裏付けする

●品質管理:確かな健康食品として安定してお届けする

徹底した原料選び

健康食品の原料調達は担当者自ら現地へ赴きます。
素材の品質、育った環境、生産者の熱意などを自分たちの目で確かめます。
サントリー黒酢にんにくの原料、坂元の黒酢についても毎年何度も坂元醸造を訪ね、仕込みなどに立ちあい、目だけでなく舌も使って品質を確かめています。

徹底した機能評価

数値上の安全性だけでなく、ヒト試験などの様々な研究の積み重ねにより商品開発へとつなげていきます。

徹底した品質管理

原料の安全性に関わる有効成分、物性、微生物、ヒ素重金属、残留農薬など厳格な規格に基づいてチェックします。
GMP認証を取得した国内工場で生産
GMPとは:Good Manufacturing Practiceの略。安全で安心できる健康食品のための管理遵守事項を定めたもの。

徹底した配送品質

スタッフが商品を一つ一つ手作業で丁寧に梱包します。
出荷までの間、品質が保てるよう専用の保管庫にて保管します。
お届けまでの商品の安全を確認する配送品質テスト(配送時の振動耐久性、温度管理、衝撃テストなど)を行っています。

お客様の様々な質問に答える万全のサポート体制

サントリーウエルネスお客様センターでは、お客様の幅広いお問い合わせに対応できるように薬剤師や管理栄養士、健康管理士、サプリメントアドバイザーなど専門的な資格を持ったスタッフや研究員がお客様センターを支援する体制があります。

飲み合わせに関する研究

飲み合わせに関する様々な研究を行い、必要な情報をデータベース化しているため、お客様センターに問い合わせていただければ、いつでもすぐにお答えできる体制が整っています。

サントリー黒酢にんにくのこだわり素材 ~坂元醸造の黒酢&福地ホワイト六片

サントリーの黒酢にんにくのソフトカプセルは長径13mm、短径7mm。
この小さなソフトカプセルの中には伝統で培われた『黒酢』と古来からのスタミナ食材と言われている『にんにく』の2つの力が入っています。

●使われている黒酢は?

200年以上の歴史を誇る鹿児島の壺作りの黒酢の老舗『坂元醸造の黒酢』

『坂元醸造』とは?

創業は江戸時代後期から。坂元醸造4代目は第二次世界大戦前24軒あった黒酢製造業者が戦後の米の入手難や合成酢などの登場でほとんど廃業する中、入手難の米の代わりにサツマイモを使って酢を作り続け、黒酢の伝統製法を守り抜きました。
それゆえ坂元の黒酢は今でも江戸時代から続く伝統的技法でつくられています。

壺は使えば使うほど馴染んで良い黒酢がつくられるそう。
坂元醸造の壺畑には江戸時代後期から使われている壺があり、いまも現役で活躍しています。

鹿児島の壺作りの黒酢は
1991年にEマーク全国第1号として認証
2006年に本場の本物のマーク第1回目の認定
を受けています。
※『Eマーク』、『本場の本物』について、
詳しくは 【鹿児島の壺作りの黒酢についている マーク】をご覧下さい。

坂元醸造の黒酢作りの伝統を守り続けるために

若手職人に製法を教えるだけではなく、壺作りの感覚を身につけてもらうために熟練の職人が、発酵状態が上手くいっている壺の蓋に小石を置きます。それによってどのような状態がいいのかを若手自ら感覚を学んでもらい黒酢作りを身につけてもらうのです。

使われているにんにくは?

青森県産の福地ホワイト六片

福地ホワイト六片とは?

にんにく生産量日本一の青森が誇るブランドにんにく
馬淵川流域の青森県福地村(現在は南部町福地地区)でつくられ、見た目が雪のような白さから「福地ホワイト」と名付けられたと言われています。

にんにくの力

にんにくは炭水化物、タンパク質、各種ビタミン、カルシウム、カリウム、マグネシウム、アリシンなどの多彩な栄養素を含んだスタミナ食材として知られています。

そんなにんにくの中でも福地ホワイト六片は、粒が大きく、甘く、肉質が良いことからプロの料理人たちからも支持されているにんにくなのです。

黒酢にんにくの作り方

「黒酢」と「にんにく」どちらも昔から体によいと親しまれてきた身近な食材。
実際それぞれにどんな健康機能があるのか、 そしてこの2つの食材を手軽に一緒に摂ることができる方法「黒酢にんにくの作り方」をご紹介します。

「黒酢」と「にんにく」のそれぞれの力

黒酢は殺菌作用、疲労回復、高血圧予防、血行改善、血糖値抑制、血中コレステロール値抑制などが期待されます。

にんにくは殺菌作用、疲労回復、血栓予防、動脈硬化予防、活性酸素抑制、胃がんの予防などが期待されます。

「黒酢」も「にんにく」もとりだめできない成分なので毎日摂ることが大事だとされています。

●黒酢にんにくレシピ

【材料】
黒酢:300ml
にんにく(小)150g

●にんにくの皮をむいて、包丁で半分に切る。

●にんにくの芯を包丁の刃先を使って、くり抜くようにとる。
※にんにくの芯の取り方はお好みの取り方でも構いません。

●水でよく洗った瓶ににんにくを入れ、黒酢を注ぐ、約1週間ほど直射日光の当たらないところで保存して出来上がり。

参考資料:『黒酢のすべてがわかる本』株式会社メディアパル

実際に「黒酢にんにく」をつくってみました。

3カ月弱の期間つけ込みました。
純白だったにんにくが黒酢に漬かったことで中まで色が変っています。
 
生のまま漬けてあります。
生では辛くてとても食べられませんが、 黒酢に漬けると辛さが和らぎ食べられる程度に辛さが減じています。
もともとにんにくが嫌いな方はこれでも食べられないと思います。
 
辛さが残っていると言うことはにんにく特有の栄養が残っていると言うことです。
 
臭みはほとんど感じません。キムチよりも臭みが少ないです。
ただし、他人には臭いが分かると思いますので、食べた後は臭い消しをすることをお薦めします。